パソコンおよび周辺機器のことならお任せ

ADSL回線と光回線の違い

ADSL回線と光回線の違い

ADSL回線

ADSLは「伝送損失」という現象によって、自宅や会社の場所(インターネット接続を行う場所)がNTT基地局から遠ければ遠いほど通信速度が遅くなります。
また、通話によるノイズやその他の家電製品によるノイズなどにも影響を受けやすく、時間帯や状況によっては速度が大きく変化することもあります。

  • メリット
    • 通信料金が安い
    • 屋内工事が不要(局内工事で完了)
    • 申し込みから開通までが早い
  • デメリット
    • 通信スピードが距離に左右される
    • 電話の際の通話ノイズが発生
    • 時間帯により大きく変化する

光回線

A光回線は光ファイバー専用回線を使用するため、距離や外的要因による影響は受けず、安定した速度を確保できます。ノイズなどによる信号の減衰が少ないために、上り下りに関係なく最大100Mbps前後の速度を維持し続けることができます。

まとめ

回線種別通信スピード(最大理論値)料金その他
ADSL50.5Mbps(下り)
12.5Mbps(上り)
2,000~5,000円程度IP電話同一もしくは提携プロバイダ同士は通話無料
光ケーブル100Mbps(上り)
100Mbps(下り)
3,000~7,000円程度ひかり電話(全国一律3分8.4円税込)光テレビ

powered by Quick Homepage Maker 4.76
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional